ドライバーは監視されないので楽!!でもそれなりの運転技術は必要!!


監視されずに自由に仕事ができる

会社の社内で事務の仕事をするときはすぐ近くに上司がいて仕事の監視をされたりします。製造の仕事ならライン長などに様子を監視されたりするでしょう。仕事をするときにあまり監視されるのが嫌ならドライバーの仕事がいいかも知れません。ドライバーは車を使って荷物を運んだり人を運んだりしますが、事前に仕事の内容を聞いた後は一人で仕事をします。横に上司がいるわけではなく、監視されずに自由に仕事ができるのがメリットです。ただ最近のドライバーの仕事の中には通信技術を使った監視システムを導入するところもあるようです。GPSで現在位置を調べてサボっていないか監視されたり、居眠り運転していないかを監視する仕組みもあるようです。と言ってもすぐそばに監視する人がいるわけでないので仕事はしやすいでしょう。

運転技術と時間調整能力が必要

ドライバーの仕事は車の運転ができれば行えます。大型トラックや旅客などになると別途免許が必要ですが普通免許だけでできる仕事も多いです。免許さえあれば誰でもできる仕事のようですが、確実にドライバーの仕事をしようとするならそれなりの運転技術が必要と言えるでしょう。交通ルールを守って運転するだけでなく、指定されたところにきちんと停止して荷下ろしなどをしなければいけません。さらに必要なのが時間調整能力で、予定された時間ぴったりに目的地に到着する必要があります。工場などでは荷受けの順序があるので着くのが早すぎても遅すぎてもいけません。運転技術と時間調整能力は最初から誰でも持っているわけではなく、少しずつ身につけるようにすればいいでしょう。

埼玉のドライバーの求人は、通勤手当や寮完備など、募集する企業によって待遇に違いがあります。会社は埼玉でも、雇用条件によって県外で働くことも少なくありません。