働きやすく人気が高い!トラックドライバーの仕事


トラックドライバーの仕事内容には違いがある

トラックを運転して荷物を運ぶトラックドライバーは人気がある職業ですが、実際に働く場合は仕事内容をよく確認しなければいけません。トラックドライバーには、長距離を運転して荷物を運ぶ仕事と、短い距離を運転して荷物を運ぶ仕事があるので、違いを知っておく必要があります。長距離ドライバーは、長時間トラックに乗車する必要があるため、身体への負担が大きくなりやすいです。ただし、給料は高めで、高収入を得たい方には向いている働き方と言えるでしょう。短い距離を運転して荷物を運ぶ仕事には、ルート配送ドライバーなどがあります。トラックに乗車する時間が短く、仕事も定時に終われる事が多い働き方です。そのため、家庭との両立がしやすく、少ない負担で働きたい方に向いています。ただし、働きやすい分、給料が安くなりやすいことがデメリットといえます。

トラックドライバーとして働くための準備

普通運転免許を持っている方は多いですが、普通免許では特殊なトラックの運転はできません。小型トラックならば運転できる場合もありますが、大型のトラックに乗車する場合には大型免許が必要になります。そのため、長距離ドライバーとして働くためには、新たに免許を取得しなければいけないケースが多いです。ただ、事前に教習所などに通って取得してから求人に応募する方法もありますが、会社に就職してから取る方法もあります。運送会社のなかには、大型トラックの免許を取るための支援を受けられる会社も存在するのです。そのような会社に就職すれば、免許取得費用の補助を受けられるため、安心でしょう。トラックドライバーの仕事をする場合は、就職する会社の特徴を調べて、支援制度などがあるか確認しておく必要があります。

トラックドライバーの求人は、長距離ドライバーの条件で探すと、比較的高収入待遇の会社を見つけやすいです。