技能を活かす仕事に就くことが高収入の決め手!工場の求人の働き方を学ぼう!


期間工は雇用期間が限定されている一方で時給が高い

工場の求人は大別すると通年雇用と期間雇用があります。期間雇用は繁忙期の増員など、一定の期間に限って雇用する形態です。期間雇用は工場の稼働状況によって雇用期間が変動することもあるので安定性に欠ける欠点があります。その一方で時給単価は通年雇用よりも高く設定されていることが多いので、複数の工場で期間工として渡り歩けば通年雇用よりも高い収入を得ることは決して不可能ではありません。期間工は人手不足を解消する臨時要員ではありますが、それでも経験豊富である方が雇用の際に有利なのは事実です。また、機械操作や車両運転の免許を持っていればより高収入を目指せる部署へ配属される可能性が高くなります。

専門的な仕事ほど待遇が良くなるが注意点もある

工場の仕事は製品の製造だけではなく、資材の運搬や発送、さらにはオフィスワークなど様々です。そのため、ひと口に工場の仕事と言ってもその内容は人それぞれなので、求職活動の際は自分の得意分野を踏まえる必要があります。専門的な仕事ほど経験や特別な資格が求められますが、それだけに待遇が良いのが魅力的です。自身のキャリアアップにも繋がりますが、その一方で工場における専門性の高い仕事は危険を伴うことも少なくありません。機械操作や薬品の取り扱いに関しては少しのミスが大きな事故の原因になるので十分に注意する必要があります。雇用期間が限定されている期間雇用の場合、機械や車両、薬品を使用する作業には従事させない所も多いので求人の内容は必ず確認しておきます。

utエイムの求人情報なら